So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ばったり#29 覚書 [KAN]

KAN 弾き語りばったり#29 ~責任者はテクニシャン~

のオノレの備忘録としても覚書です。
ツアーは2016年7月18日~2017年1月29日まででした。

公演内容自体は、公演終わってもじぇんじぇんメモ書き程度の記録すら残さなかったため、6×9=52ライブの時の覚書と同様、曲の羅列程度でございます。 もうblogタイトルもひねりの効いたタイトルとかつけられなくてごめんなさいね。
このばったりツアーの印象としては、「歌詞」に関する内容で構成されてたような印象。

あー、ちゃんと内容も走り書きでいいから残しておくべきだったなぁといまさら思っても仕方がないし、その後のライブでも結局メモ書きすら残してないですのよ。

ということで、演奏曲をひと言程度のメモとともににどうぞ。

そして、その下にあるのは各公演での どちらかといえばどーでもよいと言われる内容の備忘録です。

1.50年後も
 
この曲を作ったときは37歳ぐらいだったので 50年後はかろうじて生きてる可能性があったけど、作曲時から18年が経った現在、50年後は生きてないし、「明日の朝 もしも 僕が死んでいたら君はどうする?」という歌詞が年々、現実味を帯びてきたとのこと。 

2.まゆみ
MC (字幕の説明とか)
 「勘の良い方はお気づきでしょうが、字幕が出ています。」  
 前回のバンドライブ6952の時に歌詞を字幕で出した。それは馬場俊秀クンの周年ライブに出たときに、歌詞を出してたからそれをマネしたのだけど。 バンドライブは演者を観てしまったりとか、音的にも歌詞が聴き取りづらいときもあるから歌詞があった方が良いけど、弾き語りだからいらないかなぁとも思ったけど、このばったりツアーが始まる前に馬場俊秀くんのアコースティックライブを観に行ったら、やっぱり歌詞が出てたので、自分もやっぱり歌詞を出そうと思ったとのこと。 急遽決めたことなのでプロジェクターやスクリーン代としてあと100円追加でいただきたいぐらいらしい。 それでもって、まず最初に出される歌詞が「もしも 僕が 明日の朝 死んでたら どうする」ですからね。 
会場中から舞台上にすでにいて、ピアノの練習をしている理由とかこのツアーではちゃんと説明してた。 

3.だいじょうぶI’m all right
 
歌詞にある「ふられてからはじまる」
 つまり断られても認めないということ。 今でもそう。 ぶれない

4.世界でいちばん好きな人
MC(ご当地MCとして各会場のご当地に関するMC、2日連続の会場でも違ったMC?)
 影響を受けてつくった曲と、その元の曲のコーナー。
 そのご説明。

5.Lady Madonna (The Beatls)
6.Why Judy Why (Billy Joel)
7.ポカポカの日曜日がいちばん寂しい
MC

8.MOON
9.はじまりはいつも雨(ASKA)
MC ピンクカードタイム
 
ダイレクトコミュニケーションするお客さんようにハンドマイクが準備されるようになった。これによってお客さんが大きな声で返事したり演者が「え?」って耳に手あてたりすることがなくなる。よっていダイレクトコミュニケーションのお客さんにはハンドマイク代として50円追加で徴収したいぐらいとのこと(笑)

10.安息
11.REGRETS

 英語の歌詞の英語の文法がおかしいという話。 夢遊病か?と
12.よければ一緒に
13.Listen to the Music
 風のハミングに続き、クチSAX登場。

14.愛は勝つ
15.永遠
encall
16.寝てる間のLove Song


~以下、各公演でのメモ書き~

~続きはこちらからどうぞ~


タグ:KAN ライブ
nice!(0)  コメント(2) 

6×9=52 覚書 [KAN]

KAN BAND LIVE TOUR 2016【ロック☆ご自由に♪】(6×9=52)


っていう、2016年の特別感謝活動年に行われたツアーがありましたね。
レポを書こうとした形跡はあったけど、仕上がってなかった。
それでもオノレの覚書としてアップしておこうかなぁと突如思い立ったので、
自分のスマホにはメモ書とともに載せておきます。
まとめた文章でもなく記録用の羅列をアップしちゃうって、もはやblogでもないな(笑)


-*-*-*-*- 


オープニング
舞台にかけられた白幕に映し出される子供のころからの写真 with 寝てる間のLove song(instrumental)
1歳、2歳、3歳、5歳のKAN氏の写真が映し出され、するどい人はここで「素数展開かよ」と気づく。
29ちゃいからライブビデオの映像に。


1.桜ナイトフィーバー
あ!ちょっと待って!どんがらガッシャン コント。
「明るくなったけど大丈夫?」


MC
初めてのことがたくさんある。
1曲歌って、もう喋るってのもバンドライブでは初めて。なぜなら、これ(頭のかぶりもの)がもたないから。重さは大丈夫なんだけど、ガシッと額を締め付けられてて1曲しかもたない。ここんとこ(おでこの真ん中)赤くなってるでしょ。20分くらいついてますから。インド人だと思えばいい。
で、赤い羽根を背負う。 


舞台後方にスクリーンがあり、プロジェクタで曲名・発表年・歌詞をだすようになった。
その説明。
ワタクシは2月にあった馬場クンの20周年記念コンサートatフェスティバルホールに行ってたので、“あぁ、馬場クンのマネっこしたな”ってすぐ分かったけどね。
一つでも歌詞を間違えたりしたら、その時点でコンサートは中止! 払い戻しはいっさい無し! ぐらいの意気込みで。
だからって、次やる曲をバラすことないと思うんですけど。
さっき出たから何の曲やるかは分かりますね。でもテキトーなタイトル言いますから。 


と、レポをかけたのは結局ここまで・・・
しかも下書き的な程度のものしかなかったや。


ツアーの曲順は以下の通り。 


1.桜ナイトフィーバー
2.テレビの中に 
3.HAPPY TIME HAPPY SONG
4.言えずのI LOVE YOU 
5.Songwriter
6.東京熱帯SQUEEZE
7.どんくさいほどコンサバ
8.scene
9.愛は勝つ
10.Rock'n Soul in Yellow
11.ポカポカの日曜日がいちばん寂しい
12.悲しみの役割
13.胸の谷間(ボサノバver.)
14.青春の風
15.夏は二の腕発情期
16.丸いお尻が許せない
17.胸の谷間
18.Oxanne~愛しのオクサーヌ~
19.安息
Encall
20.ロックンロールに絆されて
21.適齢期LOVESTORY
22.寝てる間のLOVESONG 


まぁ、このライブもDVDが発売されるので、演奏曲や衣装やネタなどはDVDを見れば問題ないので、ライブレポとかもいらないんだろうなぁ。
DVDには入らないような、その日のネタなど雰囲気を残すために各会場でのメモ書きを残します。

~以下、メモ書き~


タグ:KAN ライブ
nice!(0)  コメント(0) 

星屑の隙間に木村基博 2017 [KAN]

Daiwa Sakura Aid
Dedicate to -gang451- 星屑の隙間に木村基博
at大坂城ホール 18:30start 
KAN,STARDUST REVUE,スキマスイッチ,秦基博
 
2010年11月に行われたイベントが6年の時を経て再び。
 
会場は前と同じく大阪城ホール。
ステージレイアウトも前と同じく、ホールを横長に使ってのメインステージに、
そこから花道が延びてその先にサブステージ=デベソステージがある。
そんでもって、開演前から前回同様にステージ中央に銅鑼があるのが確認できた(笑)
 
ちなみにお席は今回はスタンドNの後方。
余裕でとれるだろうって思ってたのに、意外や意外、自力でチケットが確保できなくて、(甘く見すぎてた?)、友人の友人に譲っていただいたチケットだったけど、ちょうどステージの真正面にあたるお席で大変見やすうございました。ありがとうございました。
なお、前回はアリーナ20列目ぐらいの51番。
ちょうどデベソステージから数席目で、デベソステージのピアノを弾くKANさんの真後ろぐらいでしたね。 
 
再演、と言ってもいいかもしれない感じで、前回と同じ曲やネタwなどが多かったようにも思うけど、この6年での新しい曲や新しいネタwも魅力で、こんなのを作り上げちゃう感動が、あとからあとからじわじわじわじわ くる。
久しぶりに、これは記憶にとどめておきたい!
という衝動にかられたので、自分の頭に記憶を定着させるために、久しぶりにblogなるものを更新してみました。
 
とはいえ、世の中はSNSで情報がぶわーーーーーーっと即座に流れてくる時代。
ぶわーーーーーーーってながれてくる情報を見て思い出すこと、覚えること多数。
ですので、書くにあたりカンニングはしてます。 
セトリはもちろん、ネタや発言など。
そのへんはご容赦いただきたい。 会話内容もこ―ンな感じねの、っていうイメージですから。
 
しかし。 ぶわーーーーーーって即座に流れてくる情報は、流れてきたら流れっぱなしでそのままどっかに行っちゃうのでね、後で記憶を探したいときなんかは、やっぱり自分のblogが探しやすくて役に立つのよ。
※ 前回のホスキモの覚書→ココ
 
ということで、ライブ内容にうつります。
 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
 

~ 本編はこちらから ~


タグ:KAN ライブ
nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -